未分類

失敗しない水やりのコツ!時間や頻度!旅行【長期留守】時は自動給水器を自作!

アイキャッチ画像 水やり

水やりは、ただ鉢の中に水を与えるだけではありません。水やりをする事で、一緒に土壌の中に酸素を送り込む!と言う役割もしています。

水やりー循環

また、同時に土壌の中に含まれる、汚れなどの老廃物や、余分な肥料成分などを、洗い流す作用があるなど、さまざまな相乗効果が期待できます。

水やりタイミングが適切だと、こうして土壌の中で新陳代謝が行われるので、植物がどんどん元気になっていきます。

しかし残念ながら、逆に植物にダメージを与えてしまう?不適切な水やりもあります。

間違った水やりは、大切に育てている植物を、容赦なく枯らしてしまいます。水やりしているのに枯れる?のには、理由があります。

ちゃんとやってるつもり?なのに・・。
なぜ、植物が弱り、そして枯れてしまうのか?その原因と向き合い、正しい水やりで植物を元気にしてあげましょう。

また、旅行などで長期の間、留守のする場合は、水やりを自動化すると安心です。自動給水器を簡単に自作する方法も紹介しています。

失敗しない水やりのコツ

失敗しない水やりのコツは、『乾湿』にあります。

乾湿とは、乾燥と湿気の事を指します。植物が水分をしっかり吸い上げ、完全に土壌が乾いた状態(乾燥)と、水やりをして、土壌に水分が満たされている状態(湿気)。

つまり植物は、この乾湿を繰り返す事により、根を伸ばし、葉を広げ成長していきます。健康的な植物の成長には、この『乾湿』のバランスが、とても重要な鍵を握っています。

水やりは、乾燥→湿気→乾燥→湿気のサイクルを上手に作ってあげる事が、上手な水やりのコツです。

湿気→湿気→湿気のサイクルになると、根腐れ一直線です・・。必ず、【乾燥】の工程を飛ばさないようにする事が、水やりの鍵です。
スポンサーリンク






水やりをしているのに枯れる?

残念ながら、水やりさえすれば、植物が育つ?と言うわけには、なかなかいきません。

『なぜ?水やりをしているのに枯れるの?』
さっぱり、理由が分からない(汗)

なんて言う経験をお持ちの方も多いのでは・・。

たかが水やり?と思われますが、『水やり』は、実に奥が深いです。水やりしているのに枯れる?理由は、水が多過ぎても?少な過ぎても?ダメなのです。その理由は、下記にあります。

植木に水のやり過ぎ?

水が多過ぎ

植木類は、水のやり過ぎに注意しましょう。例えば、人間も食欲がある時もあれば、今日は食べたくないな?と思う日もあるのと良く似ています。

植物も、このあたりは全く同じです。水を喜んで吸い上げる時もあれば、ちょっと今は、『水いらなぃ』と言う時もあります。

そんな時は、土の中にまだ水分が多く残っている事が多く、水を必要としていない時です。

植物が、水分をあまり求めていない時に、再び鉢に大量の水が流れ込んだら?どうなるでしょう?根が呼吸できずに、確実に植物が弱ります。

コレこそが、根腐れの原因となり、残念ながら枯れてしまう原因となります。水やりをしている?のに枯れる?のは、まさにこの多湿からくる事が非常に多いのです。

このように『常に、鉢の中の水が多過ぎる?(多湿)』のも、水をやっているのに枯れる?原因のひとつです。

水が少な過ぎる?

水が少ない

次は、1回に与える水の量が少な過ぎる場合です。これは、上記の状況とは全く対象的です。しかし、水はやっているのです。『少しだけ?』と言うか、『全然足りてない?』と言う、何ともお粗末な水やりに該当します(汗)

水やりの量が少ないと、土壌に酸素が届きづらい?だけでなく、老廃物がたまり、土壌に溶けた肥料成分で、根を傷めてしまいます。

この場合は、鉢の上部には水分があり、鉢底に行くにしたがい、水不足になっている状況です。根が水分を欲しがっているのに、しっかり水が供給できないため、やがて枯れてしまうケースです。

水は多過ぎても、少な過ぎても植物を枯らしてしまいます。ただし、水やりが適切でも気候の急激な変化や、間違った時期に肥料をあげたりする事でも、植物は枯れてしまいますので、一概に『水やり』だけが原因とは、言えない場合もあります。

水やりの目安とタイミング

水やり2

植物が本当に、水分を欲しているタイミングで、水やりをするのがコツですが、それはどんな時?慣れていないと難しい?ですよね・・。

水やりの目安を知るには、まず土の湿り具合と、葉の状態を確認する事です。

良く言われるのが、『土が完全に乾いたら、水が鉢底を抜けるくらいたっぷりと水やりをする』のは、あくまでもマニュアル的な目安に過ぎません。

しかし、ここにも、落とし穴があり、土の表面は乾いているように思えても、以外と土の中はジメジメと湿っている場合です。この場合も、やはりまだ水やりのタイミングではありません。

水やりで大切なのは、土壌の水分量を、しっかり把握する事です。

土の中の湿気(水分量)を知るには?

指で、土から2~3㎝くらい下の『土の湿り具合』を確認しても良いのですが、割り箸を使う方法が楽です。

事前に、鉢に割り箸を深めに挿しておきます。水やり前にその箸を抜いて、土の中も湿り気を判断します。割り箸は水を吸うので、箸が濡れている感じがすれば、鉢の内部はジメジメしている証拠です。

こうして『土が完全に乾いている!』のを確認してから水やりをします。

葉が教えてくれる水やりのサイン

まずは、植物の葉の弾力を確認して見て下さい。植物は、水が足りなくなると、葉先がしだいに下に垂れてきます。これは、まさに『水切れ』のサインです。

葉や茎に弾力を感じなくなったら、鉢底からしっかり水が流れるくらい、たっぷりと水やりをします。

葉先が垂れるだけでなく、花茎も垂れてきたら、ますます要注意です。このまま水切れが続くと、ダメージが強すぎて回復が難しくなり、枯らしてしまう事になりますので注意しましょう。

植物が教えてくれる、水やりのタイミングを見逃さない事が、大切です。
スポンサーリンク






水やりの時間と頻度

植物にとって、水やりは、大切な命綱のようなものです。適切な時間に水やりをする事が、植物を枯らさない事につながります。

また水やり頻度に関しては、植物の成長時期や季節に左右される部分が大きくなります。

時間

植物に水やりをするのに、望ましい時間は、やはり植物が活動を始める午前中が良いでしょう。

しかし、午前中の時点で、まだ土が湿っている場合は、この日の朝の水やりはやめて、夕方に水やりしても問題はありません。

土にまだ水分を含んでいるのに、それを押し切って、水やりするほうが危険です。

頻度

水やりの頻度は、土が完全に乾いてからあげる所までは基本なのですが、特に夏場などは、根が非常に多くの水分を消費します。暑さによる気化熱も加わり、土が乾くスピードも非常に速くなります。

注意すべきは、この時期の水切れです。水切れにより、植物を枯らしやすい時期なので、植物の様子を見ながら、マメに水やりを行いましょう。

よって、成長期にあたるこの時期は、必然的に水やりの頻度が増えます。

とは言え、完全に土が乾いたら水やり!の基本だけはしっかりと守るようにしましょう。

また、水やりの頻度は、植物を入れている鉢植えの材質によっても、水の乾き方に違いがあるため、水やりの頻度も変わってきます。

植木鉢の材質

上記のように、プラスチックの鉢よりは、素焼きの鉢の方が乾きが早いです。根は乾湿を繰り返しながら成長していきますので、いつもジメジメした土壌では、根が伸びなくなってしまい、成長する事ができません。

そう言った意味では、乾きの早い素焼きの鉢は、とても万能といえます。

また、水やりの頻度は、植物の種類や、成長速度、日照条件によっても、土壌の乾き具合が変わるので、早く土壌が乾けば、それだけ水やりの頻度も増える事になります。

水やりの回数は1日1回それとも2回?

まず、水やりの回数は、室内なのか室外なのか?そして、晴天、曇り、雨や、春夏秋冬によっても変わってきます。それは、土壌の乾燥度が全く変わってくるからです。

極端な例ですが、雨の日など土壌が乾燥していなければ、水やりが必要ない日も出てきます。1日1回、それとも2回?といった、数字にとらわれた機械的な水やりは、『根腐れ』の原因にもなり、植物を枯らしてしまいます。

水やりは、必ず目視で『土壌の乾き具合』を見てから、あげるようにしましょう。

また、中には水が大好きな植物もいれば、そうでない植物もいます。例えば、乾燥を好む植物の場合だと、土壌が完全に乾いてからさらに、1~3日後に水やりをするケースもあります、

水やりは、慣れていない人には、回数やタイミングをはかるのは、正直難しいかもしれませんね(汗)こればかりは毎日植物にふれているうちに、習得できるようになります。

難しく感じるかもしれませんが、慣れないうちは、土壌水分計を上手に使用すれば、水やり回数?の悩みからも解放されますょ●^^●

水やりは朝?夕方?

基本的に水やりは、植物が活動を始めようとする、朝がお勧めです。ただし、夕方の水やりが、絶対にNGと言う訳ではありません。

夕方の水やりをお勧めしない理由は、日没後は太陽光がなくなるため、植物の活動はしだいに弱まります。よって、あまり水を吸い上げなくなるからです。(つまり、あまり水を必要としなくなる時間帯に突入します。)

そして、夕方以降に、あまり土壌に水分が残っていると、茎がひょろ~っと長くなる(徒長)傾向があります。

しかし、生活スタイルが人それぞれです。夜しか水をあげる事が出来ない場合もあるでしょうし、土が乾燥しカラカラ状態で、水をあげないと枯れてしまう?場合もあるかもしれません。

夕方は水やりがダメと言うより、向いてない?と言うのが正解です。ゆえに、状況しだいでは臨機応変に水やりしてあげて下さい。

特に夏場、2回目の水やりが必要な場合は、夕方ではなく、太陽が完全に沈む数時間前には、水やりを済ませておくと、植物にも優しいです。

夏場の炎天下の水やり

太陽

特に『夏至』前後は、太陽が一番高く登り気温も上昇します。このような炎天下での水やりは危険です。気温だけでなく、土壌の温度も上昇しているので、このタイミングで、水やりをしてしまうと、植物は確実に蒸れてしまいます。

また、ホースで水やりをしている場合、ホース内に残っている水も非常に熱くなっている場合もあります。誤って、お湯をかけてしまう可能性もあるので注意が必要です。

どうしても水やりをしたい場合は、涼しい場所に移動して、水やりしましょう。しかし、水やり後、すぐに炎天下に戻す??のは絶対避けましょう。湯で野菜のように、なってしまっては、もう目もあてられません・・。

猛暑の庭木の水やり

基本的に庭木は、放置に近いのですが、臨機応変に猛暑時に、庭木の水やりを行うのもありです。植木鉢のように移動ができませんので、水やりの際は、朝方の涼しい時間帯に、できるだけ多めに水やりをしてあげましょう。

そして、土壌が最高に熱くなっている時間帯は、上記と同じ理由になりますが、避けるようにします。日が傾きかけ、外気が涼しくなってきた頃を見計らって、必要であれば夕方もたっぷり水やりしてあげましょう。

庭木は水やり必要ない!と言う、固定概念にとらわれる事なく、庭木も生きていますので、様子を見て葉が垂れ下がってきている?ような『水切れサイン』の兆候があれば、臨機応変に灌水をしてあげると庭木も喜びますょ^^

冬場の水やり

冬場は、植物もあまり活動しなくなります。結果として、根があまり水分を吸い上げなくなってきますので、土の中に水分が残りやすい傾向があります。

よって、水をあげる必要がない日も出てくるかもしれません。水やりの頻度は、水分を多く吸い上げる成長期と違い、かなり少なくなってきます。

そして、冬場の水やりで必ず言われるのが、『冬場の水やりは控えめに・・乾燥ぎみに・・です。』

水やりを控えめに!と言うのは・・。
表現が難しいのですが、一度にあげる水の量を控える?と言うわけではなく、土が完全に乾燥した際には、底から水が抜けるくらい、たっぷりと水やりをする!と言う点では、何も変わりありません。

中には、2日に1度、3日に1度など、機械的な水やり?をしている方もいるかもしれませんが、この機械的な水やりは、植物を枯らしやすい傾向があります。

気がついたら、植物に元気がなくなり、枯れていた?=水やりしていたのに枯れる?原因が分からない?まさに、コレです(汗)

冬場の水やりの際も、土が完全に乾いてから、水やりをするようにして下さい。

必然的に、水やりの頻度も減ってきますが、いつまでも土がジメジメしている、この時期こそ、水やりタイミング!に気を配らないと、根腐れを引き起こしますので、注意が必要です。

季節を問わず、水やりで枯らしてしまう?のが心配な方も、土壌水分計があると、とても便利です。
スポンサーリンク






地植えした庭木の水やりは不要?

結論から言うと、基本的に必要ないです・。
地植えの場合、小さな鉢のように、根張りを拘束される事もないので、自由に根を張る事ができます。

土壌も水分も好きなだけ、吸い上げる事ができるので、水分不足のリスクは非常に少ないです。

しかし、植えたばかりの苗は、まだ根が土壌に定着していないため、土壌の水分を上手に吸い上げる力も弱いので、しばらくは様子を見ながら、水やりを行います。

そして、根がしっかりと地面に定着してしまえば、毎日水やりをする必要はありません。ただし、例外もあります。特に夏場は、雨がなかなか降らず、毎日カンカン照りの日が続く事もあります。

臨機応変になりますが、植物の様子を観察しながら、水不足のサインが出ていたら、臨機応変に水やりをする場合もあります。

地植えした庭木が、気がついたら枯れていた?なんて事のないよう、日照りが続く日や、乾燥しやすい時期は、庭木の方も気にかけてあげて下さい。

水やりの道具

ジョウロ

例えば、ジョウロが一般的ですが、小さな鉢植えでしたら、コレが1ヶあれば充分です。ジョウロの水が出る部分(ハス口)は、外す事もでき、上向き下向きにかえる事で、水の出方を変える事ができます。

ジョウロもシンプルな物から、可愛くてオシャレな物もあります。インテリア製のある物も増えていますので、ちょっとした事ですが、ガーデニングも楽しくなりますね●^^●

ホース

室外で広範囲に渡り水をまく場合は、やはりホースで水やりしないと、とんでもなく大変です。水流や、水の出方もシャワーや噴霧などワンタッチで調製できる物が大半です。今は、ホースも細めタイプの物もあり、収納も実にコンパクトで場所を取らない物も市販されています。

あと、葉水する場合や、種まき後の管理は、柔らかなミストがでる霧ふきを使います。

霧ふき
葉など、霧ふきで葉水してあげると、葉もツヤツヤで元気になり、害虫予防にもなります。また、乾燥する時期の『湿度対策』にもなります。

水さし

そして、室内栽培している観葉植物には、先端が細くなった『水さし』が便利ですね。水さしは、液体肥料をあげる時も使いやすいです。

水やりに必要なのは、『ジョウロ』、室内なら『水さし』、そして『霧ふき』は、揃えておきたいですね。

そして、あると便利なのが、水やりのタイミングを教えてくれる、【土壌水分計】です。

水やりの時期がわかる便利グッズ

水やりのタイミングが分かれば、毎日の水やりが楽になります!

それは、土の中の水分量?がひと目で分かる!便利グッズとして、【土壌水分計】があります。

値段はピンキリですが、水やりに慣れていない方には、このように、水やりの時期が一目瞭然で分かるグッズは非常にお勧めです。

例えば、色が変わる事で『水切れ』を教えてくれる、電池のいらない土壌水分計(サスティー)が個人的に、とても気に入って使っています。水分を測りたい鉢に、ただ挿しておくだけで、後は視覚的の色の変化で、水やりタイミングが分かるからです。

値段も1本400円程度でお手軽です。土壌の水分量が多い時は【水色】、【乾燥】すると白に変化します。

ただし、デメリットとして、中芯のリフィルのみ交換が必要な点です。この中芯なのですが、微生物が分解し、半年から9ヶ月ほどで、なくなってしまうからです。水をあげても、色が水色にならなくなったら、中芯だけ交換する必要があります。

私もいろいろな土壌水分計を試しましたが、コレが一番簡単で使いやすかったです。あまり多機能で高価な土壌水分計でなくても、室内栽培でしたら、これで充分です。

土壌水分計は、種類も豊富です。土壌内の酸度や温度、照度そして土壌の栄養状態までもが計測できてしまう?タイプもあり便利ですが、そのつど土壌に挿して測る必要があるタイプの物は、そのつど『根を傷めるリスク』があります。

またメーカーにもよりますが、土壌の水分を測定するにあたって、土と水分計が隙間なく、接触していないと正確な水分計測ができないものもありました。隙間なく埋めて計測しても、それが水やり後?の鉢植えでも、『結果:乾燥(DRY+)』としか出ないのです。

つまり、しっかり埋めて測っても、水はけの良すぎる土壌だと、隙間が多いので『結果:乾燥(DRY+)』としか出ないのです。これでは、土壌水分計の意味がないではないか?(TT)と思うような物もありました。

水の乾き具合は、天候や植物が置いてある環境によっても左右されたり、季節性の要因もあります。また、『水やり3年』と言われるように、水やりを習得し自分のものにするには、3年くらいはかかる!と言われています。

水やりも、慣れてこれば、感覚がつかみやすいですが、初めは、土壌水分計と併用してみるのも、良い策かもしれません。

植物は話す事ができませんので、ぜひ植物が元気になる水やりをしてあげて下さい。水やりタイミングは、土壌水分計が教えてくれるので、水をやり過ぎて【根腐れ】を起してしまう不安から解消されます。

それぞれ育てている植物が違うと思いますので、置き場所、目的にあわせて、ご自分に合ったものをお選び下さい●^^●

同じ場所でも鉢ごとで土の乾きが違う?

例えば、ベランダ栽培ですが、つい普通にやってしまうのが、同じ場所に並んでいる鉢って、まとめて水やりしてしまいます。自分も以前は、そうでした。

しかし、同じ場所にあるからと言って、現実的には、すべての鉢が同じタイミングで、土壌が乾いているわけではありません。

微妙な日当たりの違いや、それぞれの植物の種類や、水の吸い上げ度にも左右されます。そして、水が完全に乾く速度も、天候やその日の湿度で変わりますので、早く土壌が乾く日もあれば、何日かかかる場合もあります。

また、室外では1日くらいで土壌が乾いても、室内だと、同じ鉢でも日照不足などの影響で、土壌がなかなか乾かず何日もかかります。

植物を元気にする水やりは・・・。

まとめになりますが、機械的な水やりではなく、土壌の乾き具合を見ながら【水やり】をする事で、根腐れなど急に植物を枯らしてしまうリスクが、グッと減ります。

指でさわったり、鉢を少しどけて、鉢底が湿っていないかも?確認する習慣をつけましょう。

旅行や長期留守の水やりはどうする?

水やり

ペットだけでなく、植物も水をあげないと枯れてしまいます・・。しかし、どうしても、留守にしなくてはいけない時は、誰でも必ずあります。

まるっと1日?それとも2~3日?もしくは、1週間以上など・・。国内旅行や海外旅行の際も、短期の場合もあれば、長期に渡り留守にする場合もあります。生活事情は人それぞれです。

旅行や長期留守時の水やりをどうするか?は悩みの種の1つですね。そんな時は、『自動水やり器』を上手に活用すれば、『水やり』の不安から解消されますょ。

お花から、多肉植物、観葉植物まで、何でも応用可能です。

自動水やり器は、簡単に手作りする事もできますし、もしくは、市販の『水やりグッズ』を上手に活用すると良いでしょう。
スポンサーリンク






自動で水やり 給水器を自作する方法

旅行や外出時は、臨機応変に『自動で水やり』をしてもらいましょう。乾湿のコントロールまでは難しいですが、留守中の水やり対策としてはとても有効です。

水やりの自動化ですが、買うよりも簡単に手作りする方法があります。時間もかからず、あっという間に完成しますので、ぜひ自動給水器の自作に挑戦してみて下さい。

下記は『自動水やり器』を自作する方法です。数日~長期留守に対応します。

留守時はペットボトル給水器【数日用】

これは、鉢植えに【埋めるタイプ】の自動給水器で、数日(2~3日)程度ならコレでOKです。留守時は、ペットボトル給水器を自作しましょう。

それでは、自作する際に必要な物?それは【ペットボトル】と、【フェルト】です。コレだけ!あっけに取られるほど、簡単にできますょ●^^●

自動水やり器 作り方

ペットボトルの中に、水を入れたら、水に濡らしたフェルト片方の先端(5㎝くらい)入れた状態でそのまま、キャップを閉めます。

ここまで、出来たらペットボトルを、逆さまにします。すると、下記画像のように、ペットボトルの水が、フェルトを通し、ポタポタと落ちてきます。

自動水やり器 作り方1

上記のように、基本的に、ペットボトルにフェルトを噛ませるだけですが、外に出るフェルト部分は10㎝くらいがお勧めです。より下層の土壌にも浸透しやすいので・・。

吸水ヒモの埋め方

はさむフェルトですが、自分がやった時には、フェルト1枚だけだと約2秒に約1適、2枚重ねにすると、1秒に約1適づつ落ちました。

3枚重ねるとさらに早く水滴が落ちます。また、フタをゆるめに閉めた際も、水滴の落下速度が速くなりますので、あとは各自で調製して下さい。ポタポタと水滴が落ちるスピードが早ければ、水も早く減ります。

ここまで、準備ができたら、土壌にペットボトルの先と、フェルトと一緒に埋めて完成です。

自動給水器を土に埋めた画像

埋め込みが完了した際の吸水スピードは、土壌の乾燥状態によっても異なります。固くて水はけの悪い土壌よりは、水はけの良い土壌の方が、吸水率は高くなります。

土壌の乾燥状態、植物の水分要求度によっても、吸水スピードは、まちまちですが、ペットボトルの水が、ちゃんと減ってきていればOKです。あとは微調製しましょう。

鉢の大きさに合わせて、使用するペットボトルの容量は調製して下さい。日数に合わせて大きめのペットボトルを用意しましょう。

焼酎やウイスキーのペットボトルなら、4~5ℓありますので、臨機応変にサイズは調製してみて下さい。

それと、水の減り具合は毎回一緒とは限りません。成長期でもある春夏は多くの水分を、根から吸い上げますが、冬場はそうでもありません。どちらにしても外出時は、余裕を持って大きめサイズのペットボトルの方が無難でしょう。

水が足りないのは致命的ですが、ペットボトルの水が余る分には、全く問題ありませんので(汗)

注意事項)
必ず、本番の外出までに、水の減り具合を調製し、余裕をもった大きさのペットボトルを、用意して下さい。

自動水やり器 作り方6

さて、2時間後です。ペットボトルの水の減り具合は、どうなったでしょう?

(下記画像参照)

自動水やり器 作り方5

フェルトは1枚より、2枚~3枚が良さそうです。なかなか良い感じで、ペットボトルの水が土壌に移動しているのが、分かります。

上記で自作した、自動給水器を土壌に埋める際は、できるだけフェルト(吸水用ヒモ)を長く伸ばして、埋めるのがお勧めです。決して完璧な水やり?とは言えませんが、土壌の表面だけでなく、できるだけ下の方にも水分を送ってあげられるからです。
*自動吸水器は、あくまでも、旅行や外出時の応急処置とお考え下さい。

吸水ヒモの埋め方

置き型の自動給水器【旅行など長期外出にも対応】

次は、鉢植えの横に【置くタイプ】の自動給水器です。外出が1週間以上~に及ぶなど、旅行などの、長期外出に対応可能です。

外出が長期になりそうな場合は、下記のような【置くタイプ】の自動給水器がお勧めです。まずは、なぜこれが自動給水器になるのか?視覚的に、水が移動する感じをご覧下さい。

下記画像の左側の青いコップには、分かりやすいように、水耕栽培用のハイドロボールが入れてあります。*この青いコップの方は、吸水したい植物にあたります。

そして、白いヒモ?のようなものは、キッチンペーパーをクルクル丸めて手でねじった物になります。

自動水やり器 作り方3

では、早速実験をしていきます。ヒモ状のキッチンペーパーを、赤いコップの底まで付くように入れ、その反対側のハイドロボールの中に、もう片方のキッチンペーパーを埋めます。コレだけです。

では、2時間後の画像です。青いコップの水が、赤いコップに移動しているのが、分かりますでしょうか?

自動水やり器 作り方4

ご覧の通り、青いコップ内に、水が移動しているのが分かります。

室内栽培している、観葉植物や、小さな鉢であれば、このように鉢の横にコップを置き、キッチンペーパーを埋めておけば、自動給水されます。

そして、長期外出の場合は、吸水タンクとなる、容器を大きめサイズにすれば、それだけ自動給水日数を増やす事ができます。バケツや、衣装ケースなど水が入れられる、大きめの容器を活用しましょう。

こんな感じに設置します。(下記画像参照)
自作の自動給水器 作り方のコツ

上記では、キッチンペーパを使いましたが、キッチンペーパーは本当に万能です。ロールタイプのキッチンペーパーは、長さも自由に調整でき、応用が効きやすいです。
*私は、キッチンペーパーをいつも使いますが、フェルトや他の物で代用して頂いても、良いかもしれません。

そして、キッチンペーパーの先端以外は、上記画像のようにサランラップで巻いておきましょう。サランラップを巻いた方が、安定するので、とても使い勝手が良いです。

吸水用のヒモは、途中でダランと床についたり、垂れ下がらる事もないよう、アーチ状に設置して下さい。*ヒモは、あまり長くなり過ぎないよう必要最小限の長さにとどめるようにしましょう。

基本は、【吸水用タンクに、キッチンペーパを沈めて、吸水したい鉢植えに埋める!】だけです。

注意事項)
注意すべき点として、吸水用のヒモ(キッチンペーパー)は、必ず吸水用のタンクの底まで、しっかりと沈めて下さい。浮いた状態で設置してしまうと、途中で吸水がストップしてしまいます。

また、植木鉢に埋め込む方のヒモも、あまり短いよりは、10㎝くらいあった方が、土壌の下層まで、水が浸透しやすいので、お勧めです。割り箸で穴をあけて、できればそのまま10㎝くらい埋めて下さい。

吸水ヒモの埋め方

それと、下記画像のように、吸水タンクよりも、高さのある鉢への吸水はできませんので、上記のコップを使った実験のように、同等の高さにするか?もしくは、吸水タンクの方が高くなるように設置するようにして下さい。

自作の自動給水器 作り方のコツ2

上記の実験画像では、1枚のキッチンペーパーをクルクル巻きましたが、これを1枚だけでなく、2枚もしくは3枚重ねにする事で、さらに吸水力が上がります。鉢の大きさに合わせて、ヒモの太さは調製して下さい。

自動吸水器の応用例

応用例その1 )

ペットボトルを使った自動吸水器を、今度は逆に立てて使います。その分フェルトは、長めに必要になります。フェルトの片方はペットボトルの底に付くように設置し、もう片方も鉢植えの中に、しっかり設置できるだけの長さに、カットして使います。
(下記画像参照)

自動給水器 応用編2

フェルトが、ペットボトルに張り付かないように、フェルトの途中部分は、同じくサランラップを巻きましょう。ペットボトルのフタは、あってもなくても良いですが、せっかくですので、キャップを閉めておいた方が、ひっくり返した時など、こぼれないので良いかと思います。

応用例その2)

自動給水器 応用編1

『置き型タイプ』の自動給水器の応用例です。衣装ケースなどの大きめの容器に、鉢植えを寄せ集め、まとめて吸水させる方法です。鉢植えが沢山ある場合に便利です。

万が一、外出が1週間や1ヶ月に及んでも、植物に自動で給水できるようにしておけば、安心して家を空ける事ができますね。

自作できる自動吸水器を、2点紹介させて頂きました。中には、市販されている物でも、わりと良い物があったりしますので、臨機応変に併用してみて下さい。
スポンサーリンク






市販のおすすめ水やり器

自動水やり器は、上記のように手作りされてもOKですが、市販の物で簡単に済ませたい方は、下記のような『自動水やり器』があります。その中でも、人気の物を紹介します。

100均の自動水やり器

これは、ペットボトルのキャップを、100均の水やり専用のキャップに差し替えるだけです。キャップの規格が一緒なので、空のペットボトルさえあればOKです。

仕組みはと言うと、コレ!・・・ただキャップに穴があいているだけなのです。実際に見ると、え?コレだけ?となります。

ですので、自分で自宅にあるペットボトルのフタに、キリなどを使い、穴をあけて作っても良いわけです。穴の数を増やせば、水の落ちる間隔が変わります。使い方は、水を入れてたら、そのまま土壌にさすだけです。

水やり当番

これは、『水やり当番』と言います。ホームセンターなどでも見かけます。チューブの中を水が移動し、鉢植えに給水されるようになっています。

注意する点としては、高低差ができるように設置する点です。高低差がないと、うまく吸水できない場合があります。

鉢の方が高くならないように注意すれば、問題なく吸水されます。

子供も喜ぶ可愛い自動水やり器

これも、『水やり当番』なのですが、給水部分がキャラクターのなっているので、とても可愛く人気があります。下記画像は、パンダですが、カエルもあります。

お子様がいる御家庭だと、きっと喜びますね。値段も300~400円くらいと、お手頃なのも嬉しいですね。上記とは、デザインが違うだけです。設置の際は上記同様に、やはり高低差ができるように設置するのがコツです。

水やり楽だぞう

下記の『水やり楽だぞう』は、棒状の綿を使った、人気の自動水やり器です。設置もとても簡単!綿ヒモを、ペットボトルに入れて、もう片方は、植木鉢に植え込み設置するタイプです。

キッチンペーパーを使った自動給水器と同じで、毛細管現象を上手に利用したものになります。


こう言ったものは、手作りするか?市販品にするか?は、どちらでも良いと思います。ご自分に合った、水やり方法を選びましょう●^^●

いかがだったでしょうか?
『失敗しない水やりのコツ!時間や頻度!旅行や外出時には自動給水器を自作しよう』の記事でした。




スポンサーリンク
スポンサーリンク