未分類

農業用ドローンの使われ方と価格について

農業用ドローンの使われ方と価格について

ドローンがよくテレビで取り上げられていることがありましたよね。

実は、ドーロンは農業でも色々なところですごく活躍してくれます。

これから、農業用ドローンについてお話ししていこうと思います。




ドローンとは

ドローンとは

ドローンとは、無人機のことです。無線によって遠隔操縦ができ、また、コンピュータに前もってプログラムされたパターンにより、自立飛行もすることができます。

ドローンという言葉は、実は、ハチの羽音、雄蜂のことを意味しています。そこから、アメリカ軍が非公式で、小型無人機に関しては、この名前を使うようになったそうです。ですが、科学的、技術的用語ではありませんので、無人機の全部をドローンと呼ぶかどうかははっきりしていません。

最近では、主に複数のロータを搭載し、全地球測位システムのGPSによる自立航法装置というのを備えた小型のマルチロータヘリコプタのことを言うことが多いです。

現在では、ドローンの登録が義務付けられるようになり、日本では、無人ヘリコプタによる薬剤散布が本格的になり、ほかにも防災や測量、科学調査などの業務で幅広く活躍しています。



ドローンの農業での使われ方

ドローンの農業での使われ方

農業の人手不足問題を解消!

農業をしている方の高齢化や、人手が足りない、後継ぎがいないなど様々な深刻な問題を抱えているのが、現代の日本の農業の姿です。

若者の農業に対する考えや、収入が不安定であること、すごく大変な作業や天候によっての影響が大きいなど、マイナスのイメージが強いのが現実です。

特に、広い農園を所有しているところは、少ない人数で丁寧に作業しなければならないことや、夏の暑い日でも、休むことができないといった厳しい環境の中で、厳しいイメージがわくのは仕方のないことだと思います。

ですが、農業用ドローンが登場したことにより、大きくイメージが変わってきました。今では、楽しみながら農業をすることができるようになってきています。

農薬散布

主な農業でのドローンの使われ方は、農薬散布。農薬散布は、ドローンによって、空中から散布するという方法です。

これまでは、空中散布と言えば、農業用の無人ヘリなどを活用してきましたが、価格がとても高く、もち運びも、一人ではできないほど大変でした。

一方、ドローンは価格も比較的安く、一度購入すれば、あとは農薬のみで経費も抑えることができるので助かり、ヘリよりも近い距離で散布することができるため、農薬の量の調整もできます。

精密農業

精密農業は一見同じに見えている農園や作業でも、細かく見ていくとバラつきがあって、どれも同じではありません。

農家の方の、長年の経験や勘でやってきた農園や農作物の管理を、情報通信技術を入れることによって数値化でき、より最適な状態に管理することで、品質向上を目指すことができます。ドローンは、こういった作業に非常に適しています。

育っていく状況はもちろんですが、病気や害虫の兆候までもが細かく知ることがでいるようになり、活用することによって、プラスの要素がかなり多いです。

<スポンサーリンク>

農業用ドローンの価格

ドローンと言っても価格は色々ありますが、一体いくらぐらいするのでしょうか?

A3フライトコントロールがついているタイプは、外からの衝撃などで液体が揺れても安定してドローンの飛行ができます。ほかにも精度の高い3つのマイクロ波レーダーが配置されています。このレーダーがGPSを認識しています。

こういった農薬散布に特化したスペックを搭載しているドローンは180万円前後です。民間の空撮などに使用するドローンよりはかなり高いですが、ラジコンヘリよりは、かなり低価格です。



おわりに

今回は、農業用のドローンについて詳しくお話ししてきましたが、いかがでしたか?

広い敷地を持っている方は、ドローンを取り入れてみるのも良いかもしれませんね。