ハーブの育て方

ミントの種まき〜収穫までの育て方!栽培時期や剪定・植え替えについてもご紹介!

ミントの種まき〜収穫までの育て方!栽培時期や剪定・植え替えについてもご紹介!

ミント類は本当にものすごく種類が多くて、現在では品種認定されただけでも100種以上、それ以外も含めるとなんと3500種類以上もあると言う話です。

これは、なんらかの目的で人為的な交配や、他のツソ科の植物と勝手に交雑する事が非常に容易であるためで、この件に関連する栽培上の注意は後でふれます。

今回は、そんなミントの育て方について詳しくお話ししていきたいと思います。




ミントの種類

ミントの品種としては3種類に大別されます。

1.ペパーミント


1つ目は、ミントと言えば「ペパーミント」と言われる程、ミントの代名詞となっている「洋種ハッカ」。

「メントール」の含有率が低いため、通常は、加工するとしてもハッカ油(薄荷白油)までとなります。「ペパーミント」自体が、スペアミントとウォーターミントの交配によりできたと言われています。



2.クールミント


2つ目は、「メントール」の含有率が高く加工に用いられる事が多い「和種ハッカ」。「クールミント」と呼ばれる事が多い品種です。ちなみにメントールとはハッカ脳の事で、、L-メントール結晶として医薬用(貼付剤、軟膏剤他)、製菓用(キャンディー、ガム他)、香粧品用(歯磨き、入浴剤他)、嗜好品(タバコなど)の他に、その高い抗菌性や殺虫効果を利用して樟脳と同じ様に害虫の忌避剤としても使われてきました。

常温で結晶するため、保存輸送にも適しているため、戦前は日本の主要輸出品だったわけで、輸入してまで使うカネになる植物です。当然、各国で「メントール」の含有率が高い品種の作製に向けた交配などの試行錯誤も行われましたので、その結果、膨大な数の品種も誕生したわけです。

3.スペアミント


3つ目は「スペアミント」です。他の2種類の主成分が「メントール」なのに対し、この1種のみ主成分が「カルボン」と全く異なります。

菓子類などで「ペパーミント」味や「クールミント」味の物と、「スペアミント」味の物ってなんか全然違うよね?と感じていた方は、正常な味覚の持ち主です。ちなみに欧米で料理に使う「ミント」と言えばこれをさす程一般的な品種です。逆に、肉料理などのミントソースに「ペパーミント」を使っても、主成分が違うのでいまいちだったりします。

ミントの栽培時期と育成条件

ミントの栽培時期と育成条件
ミントの育成条件
  • 日当たり:半日陰〜日なた
  • 土壌酸度:中性〜弱酸性
  • 収穫時期:4月〜10月頃

<スポンサーリンク>

ミントの品種の選定

ミントの品種の選定

一般的にタネで流通しているのは「ペパーミント」のみ、「スペアミント」は特に交雑しやすいので地下茎の株分けにより採取された苗を販売しています。

また、和種ハッカはやはり苗の状態で、山野草専門店などの取り扱いとなりますので入手はやや難しいでしょう。

ミントの植えつけ場所の準備

温暖な気候を好みますが、耐暑性や耐寒性も強く、放任でも生育しどんどん広がります。基本的に、ハーブとして考えるよりも、役に立つこともある雑草とでも認識した方が良いでしょう。

と言うのも、いったん地植えしてしまうと凄い勢いで地下茎を延ばし増殖します。また、この地下茎が柔らかくて切れやすいので、増え過ぎたものを引き抜いても、地中に残った地下茎から増殖します。

さらに、こぼれダネをバラ撒く方法でも爆発的に増え、おまけに常緑多年草なので寒気で枯死する事もなく取り返しのつかない事になるからです。必ず「鉢植え」で育てましょう!!

害虫忌避用を目的に畑の傍らに植えてしまい、後々、駆除に物凄く苦労した…なんて話も聞いた事があります。地植えする事だけは絶対に避けて下さい!!



土作りとその他の準備

培養土は市販のハーブ用培養土園芸用培養土などがあれば御の字です。手持ちの土を適当に使っても良いのですが、酸性土壌には強くないので、そこら辺だけは注意して下さい。

一般家庭の場合、菓子や料理などに使う程度なら2株もあれば、持て余すくらいの量の収穫ができると思います。

「大量に収穫できてしまいましたが、どうやって消費したら良いでしょうか?」なんてお悩み相談もよく見かけますが、味にしても香りにしても主張が強い分、意外と用途は限られて来るので、特に大量に利用すると言う目的が無いのなら株数を控えて栽培しましょう。

また、初期成長がとても遅いので、タネから育てるよりも、市販の苗を購入する方が良いでしょう。さらに、そのまま育てられるように、しっかりとした3〜4号鉢に植えられている株を育てて、収穫だけ楽しむと言うのも選択肢の1つになって来るかもしれません。

ミントの植えつけ

参考動画:ミントのお世話の方法・植え替え・摘心の仕方

タネからの栽培はオススメしませんが、3〜5月、あるいは9〜10月頃に、育苗箱などに市販の種まき培土などを入れて、充分に潅水した後にバラ撒きすれば大丈夫です。

発芽気温は15〜20℃、発育気温は15〜25℃程度なので、お住まいの環境にもよりますが、夏と冬を避ければ問題はありません。タネが細かいので、覆土を掛ける場合は極く薄目に掛けますが、土の状況により省略しても構いません。

ただし、発芽後、ある程度大きくなるまでは、潅水の際に埋没してしまわないように、霧吹きで水やりをするなど工夫して下さい。また、混み合ったところは、適宜、間引いて下さい。

本葉4〜5枚程度に育った段階で鉢に植えつけます。あっという間に増殖するので6号鉢以下の場合は1株、プランターの場合は2〜3株程度が妥当と言ったところです。ポット苗の場合は、単純に鉢に植えてやって、充分に潅水するだけです。

ミントの水やり

ミントの水やり

やや湿度がある土を好むので、毎朝の潅水を日課にして、更に高温期などは、水切れさせないように土の表面が乾いたら潅水するように心掛けます。

ただし、とにかく強い植物なので、あまり神経質になる必要はありません。

肥料は、タブレット型や粒状の肥料の置き肥か、液肥を規定量与えておけば大丈夫です。

<スポンサーリンク>

ミントの収穫と摘芯

ミントの収穫と摘芯

ある程度育ったら、収穫を兼ねて摘芯を行います。摘芯の方法は非常に簡単。先端から10〜20cm辺りの葉のつけ根で茎を切るだけです。

摘芯する事により、脇芽が伸びて茎数が増え葉数が増えます。上へ育とうとするのを横に拡げてやるのがポイントです。

その後の収穫も、常に摘芯を兼ねて、先端から10〜20cm程の長さで茎ごと切って収穫します。こんなに切って大丈夫?と言うくらい切っても、旺盛な生育に追い越されたりしますので心配は無用です。

ミントの花穂対策

ミントの花穂対策

花穂がつくと葉が固くなり風味が落ちるだけでは無く、他のシソ科植物と交雑して大変な事になってしまいます。

庭先やマンションのベランダに置いたプランターで、こぼれダネに頼った生えるに任せる感じでシソを育てて、ちょっとした薬味に重宝していると言う方も多いかと思います。しかしある日、冷や奴や素麺の薬味のシソがミント味だったり、刺し身の彩りに添えたシソからミントの香りがする光景を想像して下さい。ミントの花穂を放置すると、そんな質の悪い冗談みたいな事態が現実のものになるのです。

また、シソは育てていないし大丈夫という場合にも、逆にハチなどが運んで来た花粉から、他の摂取すると有害なシソ科植物と交雑したタネが作られる可能性もあります。放任栽培をしていると、その得体の知れないこぼれダネから発生した苗が成長した株に紛れて食卓に…なんて事にもなりかねません。

対策は花穂が出てきたら、その都度こまめに切り戻したり、摘んだりするだけです。ミントそのものは雑草みたいに強いですが、良いミントを収穫するためには、細やかな管理も必要となります。

ミントの病気と害虫

ハダニ

病気はほぼ心配無用です。

害虫に関しては、アブラムシやカメムシなどの忌避目的でミントを植えるくらいなので、こちらもほぼ無敵モードですが、高温乾燥時にハダニが発生する事があります。

対策としては、ハダニは乾燥に強いけれども水に弱いので、夏場は潅水の際、根元だけではなく葉部にも良く水をかけるだけで予防できます。



植え替えと増やし方

寒さで地上部が枯れても春にはまた芽吹きますが、小さな鉢の場合は根詰まりを起こすので10月前後か、4月前後に植え替えます。古い根を大胆に積極的に整理して完了です。

増やし方は至って簡単で、切った茎を水にさしておけば発根するので、これを植えつけるだけです。

おわりに

ミントの育て方

絶対に地植えはしないで、少数の苗を目の行き届いた管理で育てれば、まず失敗しない植物なので、初心者の方もぜひチャレンジを!

以上、ミントの育て方をまとめてみました。