お料理レシピ

スベリヒユの効能や食べ方をご紹介!

スベリヒユの効能や食べ方をご紹介!

皆さんはスベリヒユという食べられる雑草をご存じですか?

「スベリヒユ」という名前にピンとこなくても実物を見れば「見たことがある!」「知ってる!」と思う方も多い種類の雑草だと思います。

今回は、そんなスベリヒユの効能や食べ方などについて紹介していきます!

スベリヒユとは

スベリヒユとは

スベリヒユとはスベリヒユ科スベリヒユ属の多年生植物です。名前の由来は茹でるとヌメリが出てスベスベするからという意味で付けられました。

田んぼや畑、道端など日当たりのいいところに生え、基本的には全世界どこにでも目にする雑草のひとつです。

中国では「馬歯見」「長寿菜」「五行草」など様々な呼び方があります。山形では「ひょう」、沖縄では「ニンブトゥガー」とも呼ばれます。

スベリヒユは赤紫の茎に多肉質の葉をつけ、夏には黄色い花を咲かせます。食用以外に薬として使われることもあります。様々な効能があり万能なスベリヒユですが欠点もあり、食べすぎると下痢を起こす危険があります。

陽のあたる場所に自然に生え乾燥に強く、たとえ枯れてしまっても雨が降ったりするとすぐに元に戻る丈夫な植物なので農作物にとっては害のある雑草としても知られていますが、食用の野菜として畑で栽培されることもあります。

家庭菜園や花壇、プランターなどにも、スベリヒユが自然と雑草として生えてくる場合があります。雑草として抜いてしまいがちですが、栄養が多く、様々な効能も期待できるため食用として収穫するのもアリです!
スポンサーリンク






スベリヒユの効果

スベリヒユの効果

スベリヒユはオメガ3脂肪酸やビタミン類、鉄やカルシウムなどの栄養が豊富に含まれており、効能も様々です。

中国医学では薬草として知られ、天然の抗生物質とも呼ばれています。主な作用として抗菌作用消炎作用解毒作用に加え利尿作用などの効果があり、腹痛や下痢を抑えたり、胃腸の調子を整えたり、葉の汁はニキビや湿疹、虫刺されに有効な成分が含まれています。

さらにオメガ3脂肪酸の効果によりコレステロール値や中性脂肪を下げたり、ガンやアレルギーの予防の効果にも期待できます。

スベリヒユの食べ方

スベリヒユは様々な食べ方があります。

  • サラダとして生で食べる
  • フルーツと一緒にミキサーにかけてスムージー
  • お醤油でお浸し
  • お酢で酢の物
  • パスタと一緒に和える
  • ごま油と鶏ガラだしで韓国ナムル
  • 味噌汁やスープの具材として
  • 油で揚げて天ぷら
  • トマトや鶏肉と一緒に煮込む

様々な料理に使えるスベリヒユですが、注意点もあります。

スベリヒユに含まれているオメガ3脂肪酸は熱に弱いです。そのためオメガ3脂肪酸を摂取しようと思ったら、天ぷらなどの高い温度で調理するものよりは、サラダで食べた方が良いです。

しかし生のままのスベリヒユにはシュウ酸が含まれており大量に食べると尿路結石を作る原因になります。生で食べる場合は少量にしましょう。

そしてスベリヒユを道端などで摘む場合は除草剤、畑などで摘む場合は農薬がついている可能性もあるので注意しましょう。

おわりに

今回はスベリヒユの効能や食べ方を紹介してきました!

スベリヒユはどこにでも生えてくる雑草なので、どんな栄養が含まれていて、どんな効能があるのかを知らなければ見逃してしまったり、他の雑草と一緒に刈ってしまいがちですが、スーパーで買う野菜よりも断然に優れた効果があり、しかも雑草として生えているのでお金もかかりません!

さらに調理法も様々で、自分で育ててしまえば農薬や除草剤の心配もしなくてよし!枯れても復活するという丈夫さも兼ね備えているので、いろんな意味で最強の雑草と言えますね!

普段はただの雑草と思っているかもしれませんが、たまには食用として食べてみるのはいかがですか?




スポンサーリンク
スポンサーリンク