春に植える野菜

野沢菜の収穫までの育て方!栽培時期や病害虫の対策など

野沢菜の収穫までの育て方!栽培時期や病害虫の対策など

野沢菜といえば、「野沢菜漬け」が有名ですね。「野沢菜漬け」の名は長野県の野沢菜温泉村で作られたことに由来します。現在でも長野県は野沢菜の産地として有名ですが、徳島県や長崎県でも多く栽培されています。

家庭菜園でも育てやすい野沢菜は、日本全国で栽培が可能な野菜です。コレステロールの吸収や排出作用、食物繊維、ビタミンやカリウムが豊富な野沢菜を作ってみたいと思いませんか?

今回は、野沢菜の栽培方法についてご紹介します。

野沢菜の育成条件と栽培時期

野沢菜の育成条件と栽培時期

 

野沢菜の育成条件
  • 日当たり:日なた
  • 生育適温:15~25℃
  • 用途:地植え・プランター
  • 土壌酸度:6.5~7.0pH
  • 耐寒性:やや強い
  • 耐暑性:やや弱い
  • 耐陰性:やや弱い
  • 草丈:100㎝
  • 連作障害:1年以上あける
  • 花色:黄色

野沢菜に適した栽培環境

野沢菜に適した栽培環境

野沢菜の生育適温は15~25℃。風通しと日当たりの良い場所、冷涼な気候を好みます。

耐暑性にやや弱いこともあり、秋まきが栽培しやすいとされています。

野沢菜の品種

野沢菜の品種
野沢菜は漬け菜なので、特に品種はありません。

現在多くの場所で栽培されている野沢菜は、シベリアから入ってきた寒さに強い西洋系のものと言われています。

漬け菜とは

漬け菜とは、漬け物にする葉菜をさします。野沢菜以外にも、広島菜、高菜、カラシナなどがあります。

「野沢菜漬け」、「高菜漬け」、「広島漬」は日本の三大漬け菜と言われています。

<スポンサーリンク>

野沢菜の土作り

野沢菜はプランター栽培、地植え栽培のどちらでも育てることができます。

プランター栽培

土は野菜用培養土を利用するとよいでしょう。用意したプランターの底に鉢底石を敷き、その上に土を入れます。土を入れる時は、プランターの上まで一杯に土を入れないように注意してください。

上部から3~4cmの高さまで土をいれ、水やりの際に上部から土が流れ出てしまわないようにウォータースペースを作りましょう。

地植え栽培

野沢菜は比較的連作障害に強い作物と言われていますが、連作をすることで土の品質の低下や、病気につながるとされています。

できれば前年度に、カブ、カリフラワー、キャベツなどの同じアブラナ科の食物を植えていない場所を選ぶようにしてください。

野沢菜は6.5~7.0pHのほぼ中性に近い土壌酸度が適しています。土が酸性に傾いているようであれば、石灰を施して調整することが重要です。

  1. 種をまく2週間前に苦土石灰を施し、土を耕す
  2. 種をまく1週間前に化成肥料と堆肥をほどこして、土をさらに耕す
  3. 畝(幅60~70cm1条、または幅100cm2条)を作る
  4. 支柱などを利用して、すじまき用の筋を作る

野沢菜はマルチを張らなくても栽培することが可能ですが、マルチを張ることで保温や保湿効果、雑草が発生しづらいなどの効果がありますので、余裕があればマルチを張りましょう。

なお、種まきは「すじまき」なので、マルチをすじ状にカットしておきましょう。

畝幅60cmに1条とは?

種まきの説明時に頻繁に使用される「条」という言葉があります。「条」を他の言葉で言い換えると「列」です。

「畝幅60㎝に1条」と記載されていたら、「60㎝幅の畝に1列「すじまき」で種をまいていく」という意味になります。

「条間」という言葉もよく使用されますが、条間は「列と列の間の幅」をさします。

野沢菜の種まき

種まきの適期は9月。野沢菜は春(3~4月)に植えて6月に栽培するパターンもありますが、涼しい気候を好む特徴があるので、ガーデニング初心者であれば秋まきのほうが栽培しやすいでしょう。

気温の高い時期に栽培すると、病害虫の発生や生長の遅れにつながるので良い野沢菜が育たない場合があります。

種はホームセンターやネットで購入することが可能です。種を購入したら、筋に種をまいていきましょう。種まきのポイントは、均一になるように撒いていくこと。撒きおえたら、土を約1cmかぶせて軽く上から押し、充分な水やりをおこないましょう。

この時の水やりは、種が流れないように、じょうろの口を上にむけて優しく行ってください。

9月以外の野沢菜の種まき

野沢菜の種まきは既述の通り一般的には9月が適期とお話しましたが、南北に長く気候に差がある日本では、栽培する場所によってまき時が異なります

冷涼地では8月に種をまき10~11月の収穫温暖地では3月下旬から5月上旬の種まきで6月の収穫などのパターンがあります。

種を購入したら袋の裏に場所ごとの種まきの時期が記載されていることがあります。注意書きをよく読んで、お住まいの地域の気温等を考慮して植えるようにしましょう。

野沢菜の栽培管理

野沢菜の栽培管理

害虫対策

種まきが終了したら、寒冷紗や防虫ネットを利用すると害虫を予防することができます。

間引き

本葉が2~3枚出た頃、密集している場所の間引きをします。生長が進み、本葉が3~4枚になったら株間を約20cm確保できるように調節してください。

間引きの際に抜いた苗は漬け物にして食べることもできますので、捨てずに活用しましょう。

追肥

間引きが終わり、本葉が5~6枚になったら追肥をします。

株と株の間に化成肥料を与えましょう。肥料の量が多いと、肥料やけなどを起こす可能性がありますので注意しましょう。

野沢菜の水やり

野沢菜の初期の生長期はしっかり水やりをしましょう。特に発芽するまでの間は、朝と夕方に1回水を与えます。

その後の期間は土が乾いたら朝に水を1回与えましょう。乾燥時期が続くようであれば、夕方にも水やりを行います。土の表面が乾燥していても、土中は湿っていることもありますので、根腐れに注意してください

野沢菜に発生しやすい病害虫

野沢菜に発生しやすい害虫には、アブラムシ、コナガ、アオムシ、ヨウトムシなどがあります。

野沢菜はたね撒きから収穫に至るまでの時間が短いので、農薬などを使用すると残留する可能性が出てきます。

既述の通り、寒冷紗や防虫ネットを使って害虫対策をするのが一番ですが、農薬を使用するときは、注意書きをよく読んでから使ってください。

野沢菜の収穫

種を秋にまいた野沢菜の収穫は12月頃。収穫の見極めのポイントは次の通りです。

  • 種まきをしてから50~60日経過
  • 草丈が60cm前後

収穫の際は、根から株ごと引き抜きましょう。

霜に2~3回あてるとアクが抜けて味が良くなるとされていますが、あまり長い間収穫せずに放置しておくと、野沢菜が固くなってしまいます。また雪が降る場所で育てている場合は、雪が積もる前に収穫するようにしてください。

地下部に株がありますが、こちらも漬け物として食べることができます。

<スポンサーリンク>

野沢菜の保存方法

収穫した野沢菜は早めに使うことが基本です。

漬け物用として使う野沢菜が大きくて冷蔵庫に入らない時は、濡れたキッチンペーパーや新聞紙で野沢菜を包み、暖房の入っていない涼しい部屋で保管しましょう。

背丈が30~40㎝位の小さな野沢菜を調理で使う場合は、同じく濡れたキッチンペーパー等に包んで冷蔵庫で保管しましょう。

おわりに

野沢菜は漬け物以外にも、炒めものや煮物など多くの料理で活用される人気野菜です。栽培のポイントは以下の通りです。

  • 基本的には「9月に種をまき、12月頃に収穫」のパターンが栽培しやすい
  • 冷涼な気候を好むので、夏に栽培はしない
  • 連作障害をさけるため、前年度にアブラナ科を植えた畑は避ける
  • 酸性土壌は合わないので、石灰で酸度調整を必ず行う
  • 防虫ネットなどで害虫対策を行う

栽培ポイントがいくつかありますが、野沢菜は初心者でも簡単に育てることができる野菜です。プランターなら少量での栽培でも可能ですので、気軽にチャレンジしてみましょう。