賞味期限と保存方法

白菜の賞味期限と保存方法

白菜の賞味期限と保存方法

白菜の賞味期限はどれくらい?

白菜は収穫して丸ごと保存する場合、新聞紙に包んで冷暗所で適切に保存すれば1~2ヶ月ほど鮮度を保つことができます

お店で購入して丸ごと保存する場合も同じで、適切に保存すれば約1ヶ月程度保つことができます。ただし夏場は同じように保存しても傷んでしまう可能性が高いので、1週間で使い切るようにしましょう。

冷凍保存の場合も2ヶ月ほど保存することができますが、やはり徐々に鮮度は落ちていきますので、早めに使い切りましょう。

他にもカットされている白菜の場合も冷蔵庫に保存して1週間以内には使い切る必要があります。

白菜の種まき〜収穫までの育て方!栽培時期や追肥方法・害虫対策について
白菜の種まき〜収穫までの育て方!栽培時期や追肥方法・害虫対策について冬が旬の白菜は霜にあたると甘みが増します。水分を多く含んでいるため、煮込むと蕩けるように嵩が減り、出汁がしみやすくなります。 また煮ると栄養の吸収率もよくなるので、鍋の名脇役といったところでしょうか。 今回は、そんな白菜の育て方をご紹介していきたいと思います。...
スポンサーリンク


白菜の賞味期限の見分け方

白菜の賞味期限の見分け方

白菜は腐り始めると黒ずんできたり、酸っぱいような異臭がしたりします。だいたい中心部分から黒ずんでいきますが、黒ずんでいる部分が一部だけなら取り除けば食べることができます。

ただし全体が腐り始めるとトロっと溶けヌメリが出て、茶色い汁が出てくるのでそうなった場合は食べるのをやめましょう。

ちなみに白菜の葉によく見られる黒い斑点は「ゴマ症」と言い、白菜によく起こる生理障害で、こちらの方が甘みがあったり、栄養があったりするので気にせずに食べても大丈夫です!

白菜の長持ちする保存方法

白菜の長持ちする保存方法

では次に長持ちさせるための保存方法を何パターンか紹介していきます。

白菜を保存するための基本

白菜は収穫する前と同じように根元を下にして立てた状態で冷暗所に保存することが基本です。

夏場は傷みやすいですが、冬なら直射日光の当たらない涼しい場所でダンボールなどに入れて立てて保存しても大丈夫です。

使う時は外の葉から1枚ずつ使うのが基本で、根元の部分で丁寧にちぎり使っていくと傷みにくく使うことができます。

丸ごと保存する場合

丸ごと保存する時は、新聞紙で全体をくるんで基本の通りに保存します。

新聞紙がない場合はキッチンペーパーで代用しても大丈夫です。

カットしたものを冷蔵保存する場合

カットしたものは、水分をよく切ってラップで包んで冷蔵庫で保存しますが、芯の部分に切り込みを入れておくと、成長を抑えられるため、葉の栄養が取られることなく保存できます。

しかしカットしてあるものはカットした断面から傷んでいくので、上手に保存してもだいたい1週間くらいで使い切らなければなりません。

そこでおすすめなのが冷凍保存です。

冷凍保存する場合

白菜は冷凍すると長く保存でき、冷凍した後も解凍せずそのまま調理することができるので非常に便利です。

冷凍保存する場合も、よく水を切って保存袋へ小分けにして入れ、空気をしっかり抜いた状態で冷凍しましょう。だいたい1ヶ月程度保存できます。

茹でてから冷凍することもできます。茹でることで白菜のかさを減らすことができ、保存スペースもかさばりません。

味付けして保存する方法

塩もみをしてから保存するとかさを減らすだけでなく、下味をつけることができて便利です。

塩もみの作り方は

  1. 白菜(500g)の芯を切り落とし長さ3等分くらいの大きさに切ります。
  2. 次に大きめの保存袋に白菜と塩を小さじ2入れてよく揉みます。
  3. その後空気を抜いて口を閉じ、冷蔵庫で15分程度ねかせて、しんなりしたら完成です。

冷蔵で4~5日、冷凍で1ヶ月程度保存できます。

塩もみ白菜はスープや炒め物、グラタンなどいろんな料理にアレンジすることができるので、多めに作っても飽きることなく使い切ることができるのでおすすめです♪

白菜を干して保存する方法

白菜を1枚ずつにして、数時間~3日間程度干して保存します。干すことで甘みが増し美味しさが増します。

干したら保存袋に入れて冷蔵庫でだいたい1ヶ月程度保存でき、使う時は鍋や煮物などならそのまま、それ以外は一度水に戻してから使いましょう。

おわりに

今回は白菜の保存方法について紹介してきました!

白菜は比較的長持ちすることがわかりましたね。

定番の鍋はもちろんですが、他の料理にもいろんな方法で活用するとこができるのでこの保存方法や味付けをうまく活用しながらいろんな白菜料理に挑戦してみてください♪



スポンサーリンク
スポンサーリンク